鳳産業[新札デザイン 新札グッズ]
買い物籠を見る
トップページへ
お札サブレとお札タオル

今、話題の「お札」にちなんだお菓子やタオルと言えば、当社製品が本家です。この二つの製品は、東京の隠れた「グッズ」として、根強い人気があります。

サブレは、昭和55年に"万円サブレ"として売り出して以来、1/4世紀超の歴史と伝統を有しています。製造は、味の名店「東京凮月堂」が担当し、当社が総販売元となっております。

また、タオルは、上記4券種の絵柄を採用して、タオル生産のメッカである愛媛県の専門業者が製造しています。この素材には、ハイテク技術により牛乳から生まれたタンパク性繊維を採用し、肌に優しく吸水性などに優れた特性があります。

サブレは4券種セット6枚入りで1,200円(税込)、12枚入りで2,400円(税込)、タオルは各券種とも1枚700円(税込)となっています。新しく、お肌に優しく吸水性が抜群の一万円ハンカチタオル(22cm×22cm)を販売しています。

昨今の原材料等の高騰にも耐え、これまでサブレ・タオルの価格を抑えさせていただいておりましたが、今回、やむをえず価格の見直しをさせていただく運びとなりました。どうぞご容赦のほどお願いします。

お札サブレ
お札サブレ

お札サブレの前身は"万円サブレ"と言って、1980年(昭和55年)4月1日に製造販売を始めました。

サブレの製造は、名店である東京凮月堂が行い、商標登録も行っています。当初の万円サブレ(聖徳太子)から現在では、万円=福沢諭吉・五千円=樋口一葉・弐千円=沖縄守礼の門・千円=野口英世となっています。

お札サブレは、4券種セットで6枚1,200円(税込)、12枚2,400円(税込)で販売されていますが、販売に当たっては限定販売とし、紙幣を印刷製造している独立行政執行法人国立印刷局の工場、財務省売店、衆参国会の売店、日本銀行売店など極限られた場所での販売となっております。その風味とデザインにより、隠れたブームとなっています。

製造元:東京凮月堂
お札タオル
お札タオル

エッ!? 牛乳からタオルができるの!? と驚かれる方も多いかもしれませんが、「ミルクタオル」は正真正銘、牛乳から生まれた素材"シノン"を使ったタオルです。

"シノン"は限りなく絹に近く、保湿性はもちろん吸水性にも優れたその素材には、ハイテク技術により生まれたタンパク性繊維が使用されています。さらっとした感触で、しかも使用後は透明感のあるスベスベしたお肌に。

新しく、お肌に優しく吸水性が抜群の一万円ハンカチタオル(22cm×22cm)を作成しました。

お手入れも絹より簡単で、洗濯してもすぐ乾きます。


製造元:四国ホームパイル株式会社